"木々繁るぬくもりに満ちた地元のお寺 杉並区 浄土真宗 浄見寺"

杉並区 浄見寺
HOME>浄見寺のこと

浄見寺の縁起とご本尊についてご説明いたします。

浄見寺縁起

当寺は、柳水山と号し浄土真宗本願寺派の寺院です。
開山は、釋教心で慶長15年(1610) 2月
現京都市伏見区深草の地に開創されました。
その後、元和7年(1621)3月、築地本願寺の
前身である江戸浜町御坊が創建されると、
この寺中に移転しました 御坊中門の左手に、
間口18間(約32.4m)奥行20間(約36m)の
敷地をもち、寺中28ヶ寺中でもかなりの寺容でした。
ところが明暦3年(1657)いわゆる明暦の大火に遭い
御坊もろ共焼失してしまいました。
そして、築地本願寺が新たに現在の地に
建立されるのに伴い当寺も同寺の西門前に移りました。
明暦の大火後は三度も火災に見舞われ、
更に大正12年9月は関東大震災で罹災し、
震災後区画整理事業のため昭和3年8月現在地に移転しました。
昭和20年5月25日の空襲で焼夷弾を受けて 再び全焼しました。
現在の本堂は昭和35年に、庫裡は同54年に完成したものです。
なお墓地には、書家・狂言師として当時有名であった
中井董堂(文政4年=1821没)の墓があります。




本尊

本尊は阿弥陀如来立像で明和5年(1768)5月10日
西本願寺17世法如上人が当寺に
下げ渡したもので
その署判入りの下附状が当寺に保存されています。
明和5年(1768)5月10日付西本願寺17世法如の
署判のある本尊像下附状に
「善福寺門徒武蔵国豊島郡江戸築地境内浄見寺」
とあり、江戸期の当寺は真宗関東7ヶ寺の一つ
麻布山善福寺配下の寺であったことがわかります。
像高64cm玉眼作りの美しい仏像です。






フッター